INFORMATION

ブログ

★ スウェーデンのクリスマス事情 ★

みなさん、こんにちは

いつもボルボ・カー所沢のホームページを

ご覧いただきまして誠にありがとうございます!

     

今日は久しぶりに スウェーデンコラム です

    

いよいよ12月中旬に入り、クリスマスが近づいてきました!

街中ではどんどんクリスマスムードになり、

ツリーやイルミネーションがとても綺麗で心躍りますね

      

そんな中スウェーデンのクリスマス事情はどうなんでしょう?

日本と大きな違いや文化があるのでしょうか?

スウェーデンのクリスマス事情をご紹介していきます!

          

     

スウェーデンで1年を通して1番多きイベントはクリスマス!!!

       

     

①とにかくジンジャークッキーをいっぱい食べる

ジンジャークッキーのないクリスマスなんて、考えられないようです。

ジンジャークッキーがスウェーデンで愛されている理由は、

これを食べると優しくなれると考えられているのだとか…。

ヤギ型や星形、ハート型など可愛らしい形がたくさんあります!

     

②グロッグで心も体もポカポカに

グロッグとはスウェーデンのクリスマスの伝統的な飲み物。

赤ワインに甘いスパイスを加えたもの、ジンジャークッキーとの相性も抜群!

アルコール入りとノンアルコールの2種類あり、

レーズンやクラッシュアーモンドを加えるとより一層美味しい!

         

③家中を優しい灯りのキャンドルでいっぱいに

クリスマス前後の暗い冬の時期、

少しでも家の中に温かみとぬくもりをという思いを込めて、

お部屋のあちこちにキャンドルを置くんだとか…。

優しい灯りが気持ちも暖かくしてくれますね!

       

④クリスマスまでのカウントダウン

スウェーデン人にとってクリスマスとは、とっても待ち遠しいもの。

そんな待ち遠しい気持ちを紛らわすためにあるのが、

クリスマスまでをカウントダウンする4回のアドベントサンデー。

毎週日曜日に1本ずつ火をつけていきます。

4本目が付くと、サンタがもうすぐやってきます!

    

⑤24日は盛大にお祝いをし25日はゆったり過ごす

24日はほとんどの人が家族と盛大にお祝いをすることがほとんどです。

この日は親元をは離れて暮らす人も実家に帰り、クリスマス休暇を過ごします。

日本でいうと、お正月のような感じですね!

25日はデパートやお店もほとんど閉まっており、

クリスマスディナーで余ったものを食べたりテレビをみてゆっくりのんびり過ごすようです。

25日はもっとものんびりした日といっても過言ではないそうです。

    

      

     

いかがでしたでしょうか?

     

スウェーデンでは12月にはいると一段と日が短くなり、

北部の方では太陽が上がってこずにお白夜の反対の極夜になる地域もあります。

気温も毎日氷点下で非常に寒い日が続きますが外を歩くと、

家々のクリスマスキャンドルやライトの光がとても美しいです。

    

プレゼント選びや食事の準備は大変ですが、1年に1度の大イベント!

みなさんも家族、友達、恋人と楽しいクリスマスをお過ごしくださいね

     

    

今週もたくさんのお客様のご来店、心よりお待ちしております

     

    

     

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED http://www.vc-tokorozawa.com/vctokorozawa_news/feed?feed=rss